資産運用は、2015年にFXと株。2013年から現在まで、ソーシャルレンディングのmaneoを利用しています。FXは、10万円の損失を出して、辞めてしまいました。株は、100万円分の株を買って、同じ株価を行ったり来たりで収支トントンのまま辞めています。ソーシャルレンディングのmaneoは、270万円を投資しています。こちらは、貸しっぱなしで年間13万円の受取利息を貰っています。最近のmaneoは、監視委からの処分勧告の影響のせいか新規案件を停止しているので、投資できません。

収支トントンで辞めた株ですが、それを始めた切っ掛けは、相続で手にしたNTT株100万ほどを移管するためにカブドットコム証券を開設したからでした。配当金が少しあったと記憶しています。ただ、その相続した株を売って、カラオケのまねきねこを運営しているコシダカホールディングスを買いました。数ヶ月ほど所有して売った後に、株価が値上がりして悔しかったのを覚えています。

FXは、2008年に、10万円溶かしました。しばらく遠ざかっていましたが、2015年にFXを再開しています。通貨は、ポンドとドルを中心に取引をしていました。FX会社は、楽天証券のMT4とか、カブドットコム証券のシストレになります。その時は、20万円を10万円に減らした後に、パリス昼豚の5万円FXで勉強して、20万円に戻しています。ですが、辞めてしまいました。なので、FXの損失は、2008年の10万円だけです。株やFXを辞めた理由は、損失に耐えられないからでした。一喜一憂しないのがプロだと聞いて、自分には向いていないと思ったのです。

お金2.jpg

仮想通貨に興味はあるのですが、FXの値動きを思い出してしまいます。価格が上昇したり下がったりという値動きにメンタルがもたなくて、踏ん切りがついていません。また、仮想通貨の流出事件も、記憶に新しいです。2018年の初めに、600億円弱のNEMが盗まれたという事件で、盗まれたのはNEMだけではなく、ビットコインも盗まれたという報道が有りました。

管理体制に問題があり、管理会社の担当がオンライン上にスワード保管していたようですから、これは呆れてしまいます。最近ですと、韓国の取引所のアップビットからも日本円の50億円強が流出していました。こちらは管理が甘いどころが、管理会社の社員が意図的にやっているのではないかという疑惑があります。

自分の未熟な投資スキルを棚に上げて言うのもなんですが、流出事件のせいで、やる気が削がれてしまうのでした。ただ、2020年には、改正資金決済法が施行される予定のことです。顧客の資産を信託しなければならないという義務があるようでした。とはいっても、自分は、値動きに耐えられない豆腐メンタルなので、仮想通貨をやる事はないです。

値動きに耐えられない豆腐メンタルの自分が、続いているのは、ソーシャルレンディングのmaneoです。続いているといっても、預けっぱなしにするだけです。そういった手軽さが、ソーシャルレンディングに興味を持って始めたきっかけでした。ソーシャルレンディングが、自分に一番向いていると感じます。

もちろん、貸し倒れのリスクはありますし、maneoが、新規案件を募集していないと分かった時は、焦りました。証券取引等監視委員会から処分を受けたのは、10億円の流用が原因のようです。グリーンインフラレンディングが不正を働いているのを見逃したとのことでした。

とはいっても、SAMURAI証券といった救いの神様が登場しています。そちらのソーシャルレンディング案件に興味を持っています近々、SAMURAI証券の投資型クラウドファンディングに軸足を移そうと考えています。maneoが預かる投資資金の入金先銀行も、三菱UFJからGMOあおぞらに変わっていました。なので、クラウドソーシングの収益を受け取ることも考えて、楽天銀行の開設も考えています。